ロードバイクで北海道一周サイクリング

日本のてっぺん宗谷岬から先はオホーツク海。北海道独自のオホーツク文化を育んだ海沿いの町を走り、世界自然遺産知床半島の玄関口を目指す3日間のオホーツクサイクリング!冷たい海風を全身で受け止めながら走る総走行距離348kmのロングライドコースです。

(2012年5月実施)

4日目

稚内市~枝幸町 126km

JR稚内駅から30kmで宗谷岬!そこから先はひたすらオロロンラインを南下します。ホタテのまち猿払村を通過して毛ガニの水揚げ日本一枝幸町へ。

【通過市町村】稚内市/猿払村/浜頓別町/枝幸町 :全4町村

宗谷岬,自転車,ロードバイク

ロードバイクで北海道一周・舞台はオホーツク海へ!

オホーツクラインサイクリング348kmコース

1/3

◆ ◆ ◆

Schdule

Start 7:45 / Finish 18:20

0.0km 道の駅わっかない(JR稚内駅前)
31.6km 宗谷岬
日本海からオホーツク海へ
 -「オホーツクライン」を走行
49.8km 猿払村へ
62.5km 道の駅さるふつ公園
86.6km 浜頓別町へ
94.2km クッチャロ湖畔
110.0km 神威岬
 ― 枝幸町へ
126.4km Finish】枝幸町-宿泊地(枝幸町北幸町)着

Map


稚内市(わっかない)
0km~49.8km

小樽から約300kmつづく「日本海・オロロンライン」の終着地、そして「オホーツク海・オホーツクライン」の出発地である稚内市。最北の地宗谷岬からは、天気が良ければサハリン(ロシア)も目視できる最北の国境町。

JR稚内駅前

ついにJR稚内駅もリニューアル!

自転車旅-稚内

間宮海峡の間宮林蔵

JR稚内駅から宗谷岬へ向かう途中にある「間宮林蔵渡樺の地」碑。世界地図に日本人でただ一人名を残す間宮林蔵が、宗谷海峡を渡り樺太(現サハリン)へと渡ったことを記録しています。

RIMG0025

本当の最北端「宗谷岬」!!

日本のてっぺん着!!あとは南下するのみ‼

RIMG0028

写真は若干明るく加工してますが、霧で辺りは真っ白。ロシアから吹き付ける風で飛ばされそうな春。

RIMG0029


猿払村(さるふつ)
49.8km~86.6km

日本最北の村、猿払村。今では良質なホタテの産地として有名なオホーツク海沿いの村。1939年12月に起こった海難史上に残る大惨事、旧ソ連の貨客船「インディギルカ号」座礁により犠牲になった人々の慰霊碑があります。

RIMG0032

道の駅さるふつ公園

広東麺も、あんかけチャーハンも「ホタテ」がメイン!味付けはちょっとしょっぱめ。

RIMG0033

RIMG0034

RIMG0035


浜頓別町(はまとんべつ)
86.6km~110.0km

ラムサール条約登録湿地「クッチャロ湖」があり、日本で越冬するほぼ全てのコハクチョウ(約1万羽)が羽を休める白鳥のまち。

RIMG0037

クッチャロ湖

5月。ロシアへ帰る白鳥たちでしょうか。

RIMG0038

「観光地」といえば・・・(笑)

RIMG0040

RIMG0041

RIMG0042

ラムサール条約登録湿地の認定証。

RIMG0045

神威岬

こちらは、浜頓別と枝幸の境界線に位置する神威(かむい)岬。
北海道西部積丹町にもうひとつの「神威岬」があり観光名所として有名。

RIMG0048

オホーツクラインにはトンネルが一つしかなく、ここ神威岬を通る事で唯一のトンネルも回避可!
(オホーツクラインはこの岬を経由する道を示しています。)

RIMG0049


枝幸町(えさし)
110.0km~126.4km

毛ガニの水揚げ日本一!枝幸町。この日の夕食はもちろん「毛ガニ付き☆」でした(^^)

Finish

枝幸町サイクリング

神威岬の根元にあるモニュメントにてカニポーズ☆
5日目はここから16km先、枝幸町中心部にてFinish!!


Point

北国の春は遅いのです。

今回の旅は5月G.Wに実施。札幌では桜の便りが届くころですが、ここにはまだまだ遠い話。サイクルジャージなら、冬用でもおそらく寒い位でしょう。

身体を温める秘訣は、「首」のつく部位を温めること。
「首・手首・足首」を暖かく保つことで、身体全体が暖まりやすくなりますよ!


翌5日目は更にオホーツク海沿いを南下。流氷のまち・オホーツク紋別市へ! ・・・つづく。