投稿日:2014/04/14
更新日:2014/09/05

自転車店にて自転車の点検整備を行う事で加入できる自転車保険「TSマーク保険」についてのご紹介です。

※2014年10月1日より、赤色TSマークの保険内容が変更となります。
(2014年10月1日以降発行分より)

TSマーク保険とは?
TSマーク保険は、自転車店や自転車コーナーなど「自転車安全整備店」にて自転車の安全基準を満たしていることが確認された自転車に張付けられるTSマークに付帯している自転車保険です。自転車安全整備店にて新車購入の時や、年に一度の点検整備を受ける事で加入・更新することができます。
新車購入時は500円、更新時は1,500円程度で安全点検&保険加入が出来るので、既に他の保険に加入している場合にもおすすめの制度です。

TSマークの対象となる自転車は?
TSマークは道路交通法にもとづき、一般道路を走行することが出来る自転車が対象となります。
 ・ママチャリ&シティサイクル
 ・スポーツ自転車(クロスバイク・MTB・ロードバイクなど)
 ・ミニベロ(小径車)など
シティバイクからスポーツ自転車までのほとんどが対象となります。

TSマーク対象外の自転車は?
TSマークは、道交法で一般道の走行がOKとなる自転車が対象となる為、ブレーキが付いてない(又は前後どちらかの)「ピストバイク」や、極端にハンドル幅の広いビーチクルーザーなどは対象となりません。また、一輪車や小児用三輪車なども自転車とみなされない為、対象外です。


TSマークにかかる料金と点検整備項目
新車購入時
新車購入時のTSマーク貼付料は概ね500円(+税)です。

使用中の自転車(新規&更新)
既に使用している自転車の場合、TSマーク点検整備料として1,500円程度(店舗毎に異なる)が必要です。
TSマーク貼付の際には、主に下記のポイントについて点検・整備を行ってくれます。

TSマーク点検項目※抜粋   ↓クリック・タップで拡大

安全上大切なパーツのゆるみは整備してくれますが、極端にブレーキシュー(ブレーキのゴム)やタイヤがすり減っている場合は、部品の交換が必要となる場合もあります。その際は、部品代・取付料などがかかる場合もありますが、自分と周囲の方たちの安全の為にも交換した方が良いでしょう。

併せて注意したいのが、特にスポーツバイクの場合です。
・フロントライト、リアリフレクタ―(後部反射板)、ベルの装着は必須です。
・ワイヤーキャップ(ブレーキ・変速ワイヤーのキャップ)が取れている場合は付けなければなりません。


TSマーク保険の補償内容【赤色TSマークの場合】
※2014年10月1日以降に発行される赤色TSマークに付帯する保険内容は、赤字へと変更になります。
傷害保険(自身のケガなど)
 〇死亡・重度後遺障害(1~4級):一律100万円 →変更なし
 〇入院15日以上:一律10万円 →変更なし

賠償責任保険(相手にけがをさせてしまった場合)
 〇死亡・重度後遺障害(1~7級):最高限度額 2,000万円 →5000万円へ

[新設]
○被害者見舞金 :一律10万円 ※15日以上入院の場合

 
支払い出来ない主な場合
(傷害・賠償 共通)
 ・盗んだ自転車等、正当な権利を持たない自転車に搭乗している間に起きた事故
 ・道路以外の場所で競技、興行(練習を含む)のため自転車に搭乗している間に起きた事故
 ・自転車搭乗者の故意による事故
 ・地震、噴火、津波による事故
(傷害補償)
 ・頸部症候群(いわゆる「むちうち症」又は腰痛で他覚症状のないもの
(賠償責任補償)
 ・同居の親族に対する賠償事故
 ・同乗者に対する賠償事故
など。

その他
 ・賠償責任の当事者は搭乗者の本人のほか、本人に代わって賠償責任を負う親権者、雇用主が含まれます。
 ・搭乗中の人は、自転車の所有者である必要はありません。
 ・搭乗中とは、自転車から降りて、押して歩いている場合も含まれます。
 ・事故は、道路上で起きたものに限られません。
 ・重度後遺障害とは、自賠法に定められている後遺障害の1級~4級(賠償責任補償においては1~7級)までをいいます。

変更内容の詳細は、(公財)日本交通管理技術協会のWEBサイトにてご確認下さい。


年に1度はプロショップで安全点検を!
ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車ユーザーの方は、最低でも年に1度はプロショップで自転車の安全点検を受けるようにしましょう。TSマーク保険を必要としていなくても、自転車プロショップで点検・整備を受ける事はあなただけでなく、周りの人の身を守ることにもなるのです。スマートでジェントルマンなロードユーザーの皆様には、ぜひ定期的に自転車ショップを訪れて頂きたいものです。


INFOMATION
「花サイクルクラブ(当クラブ)」での防犯登録及びTSマーク点検は、現在準備中でございます。大変恐れ入りますが、お近くの自転車ショップへお立ち寄り下さい。

TSマークが付けられる自転車店(自転車ショップ)一覧
・北海道の方は札幌・北海道自転車屋さんナビでチェック!
・全国のショップはこちらでチェック!