ガールズライドは、花サイクルクラブが主催する女性のためのサイクリングツアー。北海道内の人気エリアをロードバイクで巡る、定員15名の小さなサイクリングイベントです。2019年最初のガールズライドは北海道滝川市の江部乙地区を舞台に、菜の花ライドを楽しみました!<開催日:2019/5/26(日)>

 


 

日本一の菜の花畑~未来に残したい江部乙の景色~

江部乙地区は、1971年に北海道滝川市と合併した旧空知郡江部乙町。札幌と旭川を繋ぐ国道12号線を挟んで東側エリアは畑作地帯で、丸加高原へと続く丘陵地では小麦の連作障害回避のためナタネの作付けが行われ今では作付け日本一の菜の花畑として有名だそうです。日本で最も美しい村連合へ加盟する地域のひとつとして、私たちも一度は走ってみたい注目エリアでした。残念ながら作付面積では他エリアに抜かされてしまったとの話も聞きますが、一面に広がる菜の花の鮮やかな色彩と香りは素晴らしく、5月下旬~6月上旬の開花時期にしか出会うことができない貴重な光景です。

 

国道12号線から丸加高原へ向かって丘陵地を上っていくと突然現れる菜の花畑。その土地の景色や香りを楽しみながらゆっくりと時間を楽しめるのは、サイクリングならでは。徒歩では行けない距離感もロードバイクやクロスバイクなら、風を感じながら爽快に目的地を目指せます♪

 

 

丸加高原展望台

国道12号沿いに在る道の駅たきかわから約6km。石狩川沿に沿って広がる平野部を一望できる丸加高原展望台。もう少し上まで登ると絶景が広がるとか!? ここまですでに6kmの登り。30℃越えの炎天下だったこともあり、絶景まではたどり着けず。次回に期待です。

 

青い空に、緑色の草原。白樺に赤屋根の小屋。THE北海道!と言えるこの場所は松尾ジンギスカンで有名なマツオさんのグループ会社「松尾めん羊牧場」。丸加高原伝習館の向かいにあります。敷地内への立ち入りは禁止ですが、道沿いから眺めても素敵な佇まいです。今回ご参加のみなさんと記念撮影~♪

松尾めん羊牧場さんのHPでは、美しい村に認定されたこのエリアの四季の景色が公開されていましたよ。

↓松尾めん羊牧場さん公式HP↓
http://matsuo-sheep-farm.jp/

 

江部乙神社(北海道滝川市江部乙地区)

現地で見つけた街案内パンフレットに掲載されていて「行ってみたい!」の声が多かったので急きょ立ち寄った「江部乙神社」。

全国的にも珍しい「笑う狛犬」が有名なパワースポットだとか。とてもキュートな「あ」「うん」のおふたり。

 

道の駅たきかわから丸加高原へと向かう道の途中にあるので、近くへ行ったらぜひ立ち寄ってほしいおすすめポイント!

 

石狩川河川敷サイクリングコース

今回のガールズライドはJR滝川駅を発着地とする全40kmのコースを設定。ロングライド初心者の方でも楽しめるグループで走るゆっくりライドです。コース前半は石狩川沿いに併設された自転車道(深川砂川自転車道線)を走行。ただ、工事中だったり砂利道だったりで、残念ながら快適とは言い難い状況。札幌から旭川まで、安全に走れるサイクリングコースが整備されたらもっと楽しくなるだろうな、と思っているのでこの場所が快適に走れるように整備されたらいいなと期待しています。私たちはロードバイクなので砂利道NGですが、ちょっと人気が出てきたグラベルロードなみなさんでしたら楽しめるかな!? ロケーションは良いので☆

滝川市はスカイスポーツの街。河川敷にはスカイパークが整備され、一般の方でもグライダーやモーターグライダーでの空中散歩が体験できるそうですよ!

空を飛ぶグライダー

運良く飛行中のグライダーに遭遇出来ました!

たきかわスカイパーク
石狩川河川敷からみた菜の花畑

河川敷からも菜の花畑が見渡せました。畑は転作されているので菜の花畑の位置も毎年違うそうです。毎年5月下旬頃には菜の花まつりが開催され、その頃になると菜の花マップが公開されるので、地図片手に滝川の街を散策してみるのも楽しそうですね!



滝川市(北海道滝川市)