カムイスポットを巡る
北海道一周&横断自転車旅2022

【北見・網走〜知床峠・野付半島〜中標津編 300K】

2022年9月17日()18日()19日(月祝)開催
【参加申込受付期間】〜8/31(水)迄
※定員各日30名(先着順)

参加者募集中!

イベント内容

この秋は知床峠横断!野付半島も行っちゃうよ!秋の3Days 300kmサイクリングツアー開催!

北海道の海岸線をぐるっと巡る自転車旅。北海道一周2,550kmを7つのエリアに分け7年かけて一周完走を目指す花サイクルクラブの北海道一周自転車旅企画、3年目となる今年は、横断旅との合同企画です。札幌から石北峠を越えてJR北見駅まで歩を進めた2021年の横断旅Finish地点から網走を目指し、海岸線を進む3Daysサイクリングツアー。知床五湖・知床峠・野付半島を巡り、中標津町にてフィニッシュする300kmです。荷物の運搬はサポートカーにお任せを。スタッフはサイクリングマネージャーとしてタイムキープを行います。2日目の知床エリアは現地ガイドとして知床サイクリングサポートさんにもサポート頂きます。

本企画は、女性に限らないオープン企画です。1区間(1日)のみ参加も大歓迎!そして、今回もGoing Around Hokkaidoポロシャツをプレゼント!皆様のご参加をお待ちしております。

参加対象

ロードバイクで1日100kmのサイクリング経験がある方

・1日約100km走行可能な方。※本企画は制限時間を設けます。

・高校生以下は保護者の同伴が必要です。

開催日時

1日目:9/17(
北見〜網走〜知床ウトロ(約133km)

 集合)7:40 JR北見駅
  ※8:00 スタート予定

 解散)16:30頃 道の駅ウトロ シリエトク(斜里町ウトロ)


2日目:9/18(
ウトロ〜知床五湖〜知床峠〜羅臼(約55km)

 集合)8:30 道の駅ウトロ シリエトク
  ※8:45 スタート予定

 解散)16:00頃 道の駅知床・らうす(羅臼町) 


3日目:9/19(
羅臼〜野付半島〜中標津(約112km)

 集合)7:30 道の駅知床・らうす(羅臼町)
  ※7:45 スタート予定

 解散)16:00頃 中標津空港(中標津町)
  ※空港解散後、中標津市街地まで移動します。

※1日のみのご参加も可能です。

参加費

参加料

3日間ご参加 1名 24,000円
 ※1日1名 8,000円 2日間1名 16,000円

 (税込、スタッフ&サポートカー同行、集合〜解散場所間荷物運搬、保険料含む)

※現地までの交通費、宿泊費、食費は別途必要です。


オプション

バイク運搬  札幌〜北見間 1台5,000円/中標津〜札幌間 1台5,000円(税込) ※札幌から参加される方で行き・帰りともご利用の場合10,000円
 (サポートカーにて自転車運搬承ります。運搬する自転車は花サイクルクラブまでお持ち下さい。ご返却も花サイクルクラブでのご返却となります。)

宿泊について

宿泊先は各自でご手配ください。ご不安な方はご案内致しますので事務局までお問い合わせください。 

お申込方法

下記申込フォームからお申込み下さい。花サイクルクラブ宛のメールでも承ります。事務局にて内容確認後、ご返信させて頂きます。参加料は事前のお振込をお願いしております。

【お申込受付期間】〜8月31日(水)迄 

申込フォームへ≫

集合&解散場所

1日目(9/17)
■集合 JR北見駅(北見市)

■解散 道の駅ウトロ シリエトク(斜里町)
2日目(9/18)
■集合  道の駅ウトロ シリエトク(斜里町)

■解散 道の駅知床・らうす(羅臼町)
3日目(9/19)
■集合  道の駅知床・らうす(羅臼町)

■解散 中標津空港(中標津町)

走行ルール・注意事項・連絡事項

参加者のみなさまは、交通ルールに従い安全第一で走行下さい。また、下記事項をご確認頂きご承諾の上お申し込み下さい。当日は、スタッフのアナウンスに従い、行動下さい。
【1】制限時間と時間内に走行できなかった際のルール

参加者のみなさまとスタッフ双方の安全のため、制限時間を設けます。

制限時間について

各コースとも、サイクリングマネジャーから20分(約5km)遅れた場合、タイムオーバーとしサポートカーにご乗車頂きます。休憩ポイントや昼食ポイントの到着予定時刻は事前にお知らせします。タイムオーバーにより途中離脱した区間があったとしても参加費はご返金出来ません。

翌日の参加について

タイムオーバーによりサポートカーへ乗車しても、翌日は前日同様スタート頂けます。


【2】走行時のルール

交通ルールに従い、安全第一で走行下さい。本企画は、一部区間を除き原則として参加者各々のペースで走行する自由走行を基本とします。スタート区間等、一部区間は隊列を組んで走行するグループ走行となります。サイクリングマネジャーは一定のペースを保ち走行します。一部の区間をのぞき、サイクリングマネジャーの前を走行しても構いません。コース標識はありませんので、コースを熟知し、各々責任を持って走行下さい。


【3】サポートカーについて
サポートカーの役割

●参加者皆さんの荷物の運搬 ●タイムオーバーした方とそのバイクの運搬 ●リタイア希望者とそのバイクのフィニッシュ地点までの運搬

※パンクなどのバイクトラブルは、原則としてご自身でご対応頂きます。その上でお困りの際は、サポートカーまでご連絡頂き到着をお待ち下さい。バイクトラブルの種類によってはご対応できない場合もございますのでご了承下さい。

サポートカーの走行位置

サポートカーは最後尾の方の後方を走行します。サイクリングロード等の一般車両侵入禁止エリアでは、サイクリングルートと異なるコースを走行します。

走行時不要な荷物は、サポートカーにてお預かりします。各日スタート地点でお預かりし、フィニッシュ地点で返却します。荷物の返却については、サポートカーの到着をお待ちください(事前に到着目安時刻をお知らせします)。貴重品はお預かり出来ません。走行時必要と思われるカッパ等はご自身でお持ちになることをおすすめします。お預かり荷物は出来るだけコンパクトにおまとめ下さい。


【4】スタート前・フィニッシュ後の流れ
スタート前

・サポートカーでの荷物お預かりはスタート時刻10分前までとします。
・スタートリストへご署名頂き、走行準備を済ませましょう。
・集合時間までに集合場所へお集まりください。コース説明等大切なご案内をします。
・スタート時の隊列(並び順)は、花サイクルクラブにて決めさせて頂きます。

フィニッシュ後

・早くフィニッシュした方から自由時間となりますが、全員フィニッシュ後記念撮影を行いますので指定時刻にはフィニッシュ場所へお集まりください。
・サポートカーの到着時刻は当日朝お伝えします。荷物のご返却はサポートカー到着までお待ちください。
・ご自身の自転車やお荷物は各自保管・管理をお願いいたします。スタッフはお預かり出来ません。
・翌日のご参加をキャンセルされる場合は、事前にスタッフまでお伝え下さい。

キャンセル時のご返金について

参加費ご入金後のキャンセルに伴う参加費ご返金はできません。

雨天時のご対応について

本企画は雨天実行です。万が一、大雨等により開催が難しい場合には、個別にご連絡させて頂きます。

新型コロナウイルス感染リスク低減のための取組

【1】参加費の返金について
下記の場合、参加費はご返金致します。

●該当地域において、国および自治体からイベント中止要請があった場合、イベントは中止させて頂き参加費はご返金致します。
●新型コロナウイルス感染リスク低減のため、当日体調が優れない時は参加をご遠慮下さい。その際、参加費はご返金致します。

【2】花サイクルクラブの取組
皆様に安心してご参加頂けるよう、使用する道具は適切に消毒を行います。また、当日は消毒用アルコールを携行しますのでご利用下さい。スタッフはマスク着用の上ご対応させて頂きます。その他の取組はこちらに掲載しております。

【3】参加者の皆様へ
万が一、当日体調が優れない時は参加をご遠慮下さい(参加費は後日ご返金いたします)。また、集合解散時・休憩時・各施設利用時には、マスク・フェイスカバー等をご着用下さい。

その他ご不明点・ご不安な点がございましたら事務局までお問い合わせ下さい。

お申込方法

参加申込フォームより受付致します。事務局にて内容確認後、メールにて参加費振込先のご案内をお送り致します。参加費のお振込をもって参加申込完了です。(メールでの申込も可)
申込フォームへ≫
メールで申し込む場合

花サイクルクラブ事務局へ下記内容をお送り下さい。

件名: 9月北海道一周サイクリングツアー  参加申込

1、参加者氏名(フリガナ)

2、年齢と性別

3、当日の連絡先(携帯番号)

4、現住所

5、メールアドレス

6、参加日(3日間 or 9/17・18・19)

7、自転車運搬希望の有無(①札幌〜北見間 ②中標津〜札幌間)

8、その他 ご質問等あれば

※宿泊先の案内希望の方、ロードバイクレンタル希望の方、その旨一緒にお知らせ下さい。

以上。

お問合せ
花サイクルクラブ事務局

TEL:011-374-1301
FAX:050-3730-2425
Mail:花サイクルクラブ連絡先

お問合せフォームへ≫

’22/9/17(土)〜19(月祝) 開催!カムイスポットをめぐる北海道一周&横断自転車旅2022「北海道一周&横断サイクリングツアー/北見・網走〜知床峠〜中標津 編300K」Going Around Hokkaido