Project 1

ロードバイクで北海道一周プロジェクト

ロードバイクで北海道一周サイクリング

太平洋・日本海・オホーツク海
3つの海に囲まれた北海道の海岸線をロードバイクでサイクリング!

各地に点在する観光ポイントを巡りながら街から街へと歩みを進める1WAYコースで
ロードバイクでの北海道一周を目指します!!


第4クール(10~12日目)

…3DAYS Total336km

(2017年5月実施)

◆ ◆ ◆

12日目(Stage12) 浜中町~釧路市 106.1km
11日目(Stage11) 根室市~浜中町 122.8km
10日目(Stage10) 中標津町~根室市 106.6km


第3クール(7~9日目)

ロードバイクで北海道一周サイクリング

旅の舞台は世界自然遺産「知床半島」へ!海と高山が隣り合わせの富んだ地形と知床を覆う流氷がもたらす豊富な栄養分が生物多様性を支えている国内屈指の観光エリア。冬季不通となる知床峠、全長26km日本最大の砂嘴(さし)野付半島など、走りごたえ満点の北海道サイクリングコースです。(2012年8月実施)

◆ ◆ ◆

9日目(Stage9) 羅臼町~中標津町 111.1km

サイクリングパラダイス北海道の中でも一際めずらしい、砂の半島に伸びる15kmの一本道。日本最大の砂嘴(さし)野付半島をサイクリング!!

Stage9 詳細はこちら ≫

8日目(Stage8) 斜里町ウトロ~羅臼町 53.5km

この日のメインは「知床峠」超え!11月上旬から4月下旬まで半年間閉ざされる国道334号線知床峠を超え、知床半島東部「羅臼(らうす)町」市街地まで世界自然遺産知床を走る53kmコース!!

Stage8 詳細はこちら ≫

7日目(Stage7) 網走市~斜里町ウトロ 78.7km

まずは前回の終点網走市までJRで移動。実に札幌から特急で5時間30分!!サイクリングはJR網走駅スタート。「世界自然遺産知床第一の拠点・斜里町ウトロ」を目指します!

Stage7 詳細はこちら ≫


第2クール(4~6日目)

ロードバイクで北海道一周サイクリング,稚内,網走

日本のてっぺん宗谷岬から先はオホーツク海。北海道独自のオホーツク文化を育んだ海沿いの町を走り、世界自然遺産知床半島の玄関口を目指す3日間のオホーツクサイクリング!冷たい海風を全身で受け止めながら走る総走行距離348kmのロングライドコースです。(2012年5月実施)

◆ ◆ ◆

6日目(Stage6) 紋別市~網走市 116.3km

流氷のまち紋別市と網走市を結ぶ区間。このエリアのみどころは何と言っても「サロマ湖」!!サイクリングロードが整備された場所もありましたが、車道の方が走りやすかったので一般道をチョイス☆

Stage6 詳細はこちら ≫

5日目(Stage5) 枝幸町~紋別市 105.2km

日本海エリアより平坦なオホーツクライン。晴れていたら素晴らしい海岸ライドだったことでしょう!!おこっぺ牛乳を現地で飲みたいかたはこのエリアへ!

Stage5 詳細はこちら ≫

4日目(Stage4) 稚内市~枝幸町 126.4km

JR稚内駅から30kmで宗谷岬!そこから先はひたすらオロロンラインを南下します。ホタテのまち猿払村を通過して毛ガニの水揚げ日本一枝幸町へ。

Stage4 詳細はこちら ≫


第1クール(1~3日目)

北海道一周サイクリング,札幌-稚内

旅の始まりは札幌市。
日本海との境界線をなぞるように町と町を結ぶ道内屈指のドライブコース「オロロンライン」をメインルートに日本の最北端「稚内市」を目指す3日間の日本海サイクリング!
総走行距離333kmのロングライドコースです。(2011年10月実施)

◆ ◆ ◆

3日目(Stage3) 初山別村~稚内市 113.3km

地平線へと落ちてゆく太陽と競いながらノシャップ岬を目指した最終日。人っ子一人、建物一つ無い「オロロンライン」を代表する区間を走行、宗谷岬手前まで歩を進めます。

Stage3 詳細はこちら ≫

2日目(Stage2) 増毛町~初山別村 95.0km

かつてはにしん漁で栄えた北海道日本海沿いの街々。海岸線には国指定重要文化財や北海道遺産が点在し、北海道とともに生きてきた地域の歴史を感じることができる区間です。

Stage2 詳細はこちら ≫

1日目(Stage1) 札幌市~増毛町 124.5km

北海道一周サイクリングの始まりは、札幌市内中心部「道庁赤レンガ」前。豊平川・石狩川沿いのコースを進み、オロロンラインへ合流!一昔前まで陸の孤島であった雄冬(おふゆ)を超え増毛町を目指します!

Stage1 詳細はこちら ≫